ルルベのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエの魅力は何と言っても柔軟であり、身体を使いながら表現する舞踊です。

中でもつま先で立つポーズやステップは、大変ロマンチックだったり、憧れや悲しみ、苦悩等の強い感情を表す時に用いられる事があります。

特に日時の生活では使わない、つま先立ちの為の筋肉を鍛えましょう。

バレエの上達で欠かせないのは、レッスン前には必ずストレッチを行う事です。ふくらはぎや足裏の筋肉を伸ばして、全身をしっかりあたためておきましょう。



1.ルルベとは

さて、バレエでは爪先で立つ事は大変美しく、バレエ独特のステップやポーズが大切です。中でもルルベはバーレッスンでもよく行います。

本来の言葉の意味は、『持ち上げる・高くする』事をさします。皆様、レッスン中、ルルベが低いと、『脚が太くなるよ〜』と喝を入れられる事だと思います。足裏は綺麗にアーチ型にして、高く伸びてルルベをしましょう。



1.ルルベ上達の為のポイント

ルルベは爪先立ちで立つ事です。グラグラせず、つま先立ちになり、バランスをとる事ではありません。レッスンでは、しっかり足首と内腿の筋肉を意識してみましょう。






2.ルルベの練習

ルルベの上達には、バレエの基礎練習が重要です。最初は、爪先立ちやステップを覚える事に意識が傾きますが、首から腰までしっかり真っ直に立ち、脚の踵を高くキープしましょう。



1.バーレッスン

ルルベのコツは、先ずはバーレッスンから学びましょう。指先全部に重心をかけて、しっかり両脚で立つ事が基本です。



2.脚の甲と裏

ルルベは、バレエの特徴的なポーズです。踵を高く、脚の裏をしっかり伸ばして完全なアーチをつくりましょう。脚の甲はしっかり伸ばして長い脚を意識しましょう。



3.首と背骨と足首

ルルベは名前の通りに、高く伸びて行いましょう。伸びる時は顎が上がらない様に心掛けて下さい。

背骨の節を首までひとつひとつ積み上げでゆくイメージです。足首から首までまっすぐに伸びて、柔軟であり、手も長くなる事が大切です。

肩は下げて、力まない様、バーレッスンでイメージを固めてゆきましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ