ロンドゥジャンブのやり方とコツ| バレエが上達する練習方法

バレエを習い始めたばかりの初心者の方々は、先生の指示がわからない事があるはずです。バーレッスンでは、フランス語が多用されます。

センターでのレッスンに向けて、今回はパの動きである、Round De jambe ロン・ドゥ・ジャンブをご説明します。

また、ロンドゥジャンブは股間接の動きを滑らかにし、アン・ドゥオールを行う為、不可欠です。地道な練習が上達の鍵となります。



1.ロンドゥジャンプとは

jambeとは正に、脚を意味します。また、Roundは丸いと表します。軸脚にのって、コンパスで半円を描く様に、前から後ろからと動作を行います。また、動作は床をこすりながら行うロンドゥジャンプ ア・テールや空中で行う、ロンドゥジャンプ アン・レールがあります。



1.番の場合のロンドゥジャンブの説明

1番ポジションで準備します。

脚をドゥバンで前、ア・ラ・セゴンド、デリエール後とつま先を床にこすりつけながら動かします。

最後は、出した足はポアント・タンジュにし、つま先はもう一方の足の踵の後ろにしまいます。



2.番の場合のロンドゥジャンブの説明5

2.ロンドゥジャンブのコツ

ロンドュジャンプの技術の上達には、練習あるのみです。
ふたつのお尻をキープして閉めておきましょう。




ロンドゥジャンブは、脚の動きにつられて、上半身が傾いたり、ぐらっつきが起こりやすい動作です。

ロンドゥジャンブの上達を目指し、バレエに必要な筋肉を鍛え、柔軟でバランスのとれた平衡な動きを身につけましょう。



3.ロンドゥジャンブの種類

ロンドゥジャンブは脚を回転指す動きです。多様な動きがあります。

例えば、脚は伸ばすか、膝で曲げる。

前から、後ろから。

これだけでも、床から脚を上げた状態まで、行く通りもあります。

空間を利用して、脚を回転させ、可動域を大きく使う練習をしましょう。



1.ロンドゥジャンブ パール・テール

脚を真っ直ぐにして、半円を描くのがロンドゥジャンブです。必ず、足の付け根から持ち上げて動かすのがコツです。

また、ロンドゥジャンブ ア・テールも呼び方が違うだけで、同じ動作です。

指導者によって呼び方が違うのは、バレエの歴史の流れにあります。バレエは、フランスからロシアへ伝わり、日本に入ってきました。動きは同じですので、覚えておきましょう。



2.ロンドゥジャンブ アン・レール

基本は、ロンドゥジャンブ パール・テールと同じですが、『空中で』を指す、フランス語のアン・レールがつくと、脚を浮かせて動作を行います。

脚を上げる高さは様々です。バーレッスンで、しっかり習得しましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ