ルティレのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエ初心者にとって、片脚で真っ直ぐ美しく立つのは大変な事です。先ず、重心が正しく頭の先から踵までのらなければいけません。

片脚つま先で立つのも、重心と腰、脚への重心のかかり方がポイントとなります。バレエのポーズの上達には、バレエ独特の正しいポーズを身につけなければいけません。



1.ルティレとは

フランス語で、Rutire・ルティレは、引き上げたを意味します。

バレエのパで、ルティレにはパッセを指します。美しく、片脚で立つまでにも、動脚は軸脚に沿わせながら美しく引き上げなくてはいけません。

正しい動脚の引き上げ方を、体得しましょう。



2.ルティレのやり方

ルティレは、やり方に順序があります。バレエはつま先、足の甲が美しい舞踊です。




パッセも、パでは美しいバレエ独特の動きです。脚を引き上げる時は、必ず勢いに任せず、内腿と根元から引き上げてゆきましょう。



1.準備

5番ポジションで立ちます。



2.引き上げ方のコツ

動脚で軸脚後ろをラップしながら引き上げてゆきます。

ふくらはぎの辺りからは、前の膝に向かってつま先をそわします。

膝下にあたると、次は膝の裏に向かってつま先を軸脚にそわして移動します。



3.ルティレの上達

ルティレを美しく上達させるには、必ず重心が一歩軸になる様、背骨を頭の先から徐々に積んで行くイメージが大切です。

決して、腰が抜けたりしたい様、脚の引き上げにはお尻の付け根と脚の根元から、引き上げでゆきましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ