ドゥミポアントのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエ初心者にとって、ポワントレッスンは憧れのはずです。

しかりと、床を押す練習を繰り返すことで、バレエのステップ向上につながり、回転や移動の速度が増します。

難易度の高いポジションを習得する為に、バレエ上達を目指して足裏エクササイズサイズを取り入れて、怪我をしない様、コンディショニングを徹底してゆきましょう。



1.ドゥミポワントの練習

脚を2番ポジションで準備して、プリエをします。ルルベになる前、足指だけ床につけて立つのが、ドゥミポワントとなります。

足の裏の柔軟性を向上させ、重心を整えながらドゥミポワントの動きを上達させましょう。

足先と足裏のストレッチを取り入れて下さい。

重心移動とポーズがすんなりできるまで、バーレッスンを加えてしっかり足先を折る様にして立ちましょう。

脚の付け根、内腿の使い方のコツをつかみましょう。



2.アテールとドゥミポワントとポワントのポジション確認

バレエの立ち方は、ポワントと床に着いた状態が基本ですが、ちょうど中間の姿勢をドゥミポワントと呼びます。



1.アテール

床に踵やポワントをつける事をアテールと呼びます。






2.ドゥミポワント

足指だけつけて立つポジションをドゥミポワントと呼びます。



3.ポワント

つま先高ちの事。



3.ドゥミポワントのバーレッスンやり方

先ず、片手で2番に立ちます。

次にプリエをしっかりとします。

最後に、足先をしっかり折ります。

小指側に重心が傾くと、足先がカールしてしまいます。

首から背骨が真っ直ぐになる様に、立ちましょう。
また、上体が反ってはいけません。

プリエでしっかり脚の付け根をローテートさせて、重心を中央に保つのが、バーレッスンでドゥミポワントを上達させるポイントとなります。

レッスンは、必ずウォームアップを入れて、身体を冷やさない工夫をして下さいませ。

脚の付け根をしっかりと回転させ、膝を逆にローテートさせます。また足首は膝と逆に回転させる事により、つま先から筋肉が鞭の様にしなやかに、正いポジションを作ります。

ドゥミポワント上達を目指す練習は、床をしっかりと押すコツを早く身につける事と、柔軟性のある筋力を鍛えてゆく事にあります。

しっかりと重心を真ん中に保てる様になりましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ