バレエのパドシャが上達する練習方法

バレエ用語「パドシャ」とは「猫のステップ」を意味する動きです。

可愛らしく軽快な動きですが・・・思ったより不恰好になってしまったりして、悩んでいる方も多いようです。

猫のような軽やかなジャンプができるように、まず動きを把握してみましょう。



◎その1:大まかな動きを把握しよう

センターの前に、まずはバーで練習です。(※すべてのバレエの基本はバー練習にあると思いましょう)

まずは、両手でバーに軽くつかまり、左足前5番で立ちましょう。

パドシャは、基本は5番にした後ろ足と同じ方向に跳びます。

今は左足前5番にしているので、後ろ足は右足・・・つまり右に跳ぶのですね。

ここで大切なことを言います。

パドシャの基本形は「パッセを2回」。

そして、真上に向かって跳びます。

実は、パッセの形がバラバラになっている上に、「真横」に向かって跳んでしまっている
初心者の方が多いのです。

これではバランスが崩れやすくなってしまう上に、高さもありません。

上達にむけ、じっくり練習してみましょう。



◎その2:とにかくパッセは大切に

1.まず、左足前5番の状態でしっかりとプリエをしましょう。(※お尻が出ないように気をつける)




2.左足の膝裏をのばしながら、同時進行で右足を後ろ足パッセにする。(※実際はここで真上に跳びます)

3.右足を真下に下すと同時に、今度は左足を前足パッセにする。

4.左足を真下に下し、アテール(地上)のポジションにきたらプリエで着地する。

以上がパドシャの基本形です。

1~4を練習したら、いよいよ跳んでみましょう。



◎その3:跳んでみよう

「◎その2」の2の段階で真上にむかってジャンプし、その後すぐに③の動きになります。

から3の間の時間はほんの一瞬と言っていいくらいに短時間です。

その一瞬の間に、お互いにパッセになっている右足と左足が左右対称の高さで、美しい
「ひし型」になっていたら、まず成功です。

両足が左右対称になっているからこそ、微妙なバランスが保てるのです。

よく見られるのが、最初に上げた足より、次に上げた足の高さが低いためにバランスが崩れてしまう・・という状況です。

なので、パドシャをする時は、頭の中で「パッセ、パッセ」ととなえてみて下さい。

きっと、以前よりも上達している筈です。

こうした細心の注意をはらうことで、美しいバレエの動きができるようになるのですね。

それでは頑張って練習していきましょう。

パドシャ上達は夢じゃありませんよ。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ