パドゥバスクのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエ初心者の方々には、バレエはロマンティックで、力強いイメージがある方が多いのではないでしょうか。

バレエには、馬の脚の様なパや、鳥の翼の様なアームスがあります。また、民族的な異国情緒が演出されます。アラベスクも、元々はアラビアの唐草模様をさします。

例えば、アジアが起源のバラですが、中東から欧州へ広がりました。バラが伝わった当時、教会などでは禁止していた程、影響力がありました。バレエは、当時の流行なども垣間見れます。

バレエ上達には、先ず、当時絶頂の中で生まれた音楽を聞きながら、リズムをとって動く練習を繰り返して行いましょう。



1.パドゥバスクとは

フランス語で、バスク地方のステップと名付けられた、パドゥバスクは、少しエキゾチックな雰囲気があります。



2.パドゥバスクのやり方

フランス語で、『バスク地方のステップ』と表現する、パドゥバスクは、片脚でロンドゥジャンブをしてから、斜めを向きます。

次に逆の脚をクロワゼにだして、反対をアッサンブレにします。

左右交互に動いてゆきます。






1.ロンドゥジャンブの説明

ロンドゥジャンブは、足先で、床に半円を描く様に動かします。宮廷では、王を含めて、たくさんで庭園に足先で線引く遊びがあった名残も、バレエに残されています。



2.アッサンブレの説明

フランス語で『集める』と意味する、アッサンブレですが、空中で脚を揃えるパです。

後ろ足が前の足につくイメージです。



3.パドゥバスクのコツ

正面を向かずに、クロワゼ、エファセと斜め45°のポジションを繰り返してゆきます。

また、ロンドゥジャンブの前、脚を出す時、脚を45°近く上げます。

腕の動きも変化します、バランスよく、体重移動をしながら長い腕を保ちましょう。

パドゥバスクは大変大きな動きが生まれます。また、跳躍が伴いますので、膝のプリエもしっかり行いましょう。

独特のリズムが生まれる、パドゥバスクですが、コツは顔もつける事です。

雰囲気をつけて、リズムに合わせて、しなやかに踊りましょう。

音楽を聞き、踊りを楽しみ娘たちをイメージして、なりきりましょう。

バレエ上達の為には、しっかり音を聞いてステップを確認してから始める様に、心掛けて下さいませ。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ