ステップの基本 | バレエが上達する練習方法

バレエ初心者の皆様は、バレエの基本が身につきはじめて、楽しくレッスンに参加されている事だと思います。バレエ上達に欠かせない、ステップは確実に吸収してゆきましょう。

ステップの名前と動作が完全に一致すると、バレエ上達のスピードは飛躍的に伸びてゆくはずです。



1.ポジションの確認の大切な事

バレエは、ポジションが正確でないといけません。舞踊ですので、表現力も大切です。常に、きっちりと美しいポジションを確認しなければなりません。



2.基本ステップの強化

先ず、バレエ上達に必要なのは、ステップを正しく覚える事です。

基本のステップを正しく行える様になると、バリエーションに進んでゆきます。

跳躍やターンは、正しいポジションを通らなければ、美しいバレエの動きは生まれません。バレエ上達に向け、基本ステップの技術を強化しましょう。



1.プリエ

ステップの基本。ジャンプや回転の時、床をしっかり押せる様、一旦、膝を曲げて柔軟で均衡を保つ動きをする。

膝裏同士をつけてから、お互い逆方向へ引き合う様に、脚の付け根から、膝を曲げでゆきましょう。

お尻を平たく、四角い身体を保ちながら、真っ直ぐ姿勢を正し、膝を曲げてゆくのがコツです。

次のステップを行いやすくしたり、跳躍やポアントの後に滑らかな踵の着地の際に行います。



2.タンデュ

タンデュは、フランス語で『張る、先を伸ばす』を意味します。
1番ポジションや5番ポジションからスタートしますが、動脚は床につけたままフレックスにして、必ず踵から伸ばします。

最後に足先をカールさせて、つま先を床につけるイメージです。

美しい長い脚を保ちましょう。脚の付け根から、動かす事がポイントです。



3.デガジュ

フランス語で、『解放する』の意味のデガジュ。片脚を伸ばしながら、軸脚身体を離して、アンレールにするパ。



4.ロンドゥジャンプ

ロンはフランス語で丸いを表します。また、ジャンプは脚の事です。

片脚で立ち、動脚を床にこすりつけたり、空に浮かして行う、バレエ独特のパです。

昔、宮廷では足先を使って、庭に線を描く遊びがバレエの起源にあります。

ポイントは、音楽を聴きながら、動脚をしっかり脚の付け根から動かしましょう。



5.フォンデュ

フランス語で、『溶ける』を指す、フォンデュ。

片脚クッペでプリエをしながら、前横後ろに脚を伸ばし、同時に、軸脚も伸ばす動き。




お尻が出っ張ったりしない様、上に引っ張られる様、姿勢を保ちながら行いましょう。



6.フラッペ

フランス語で、叩くを意味します。足裏で床をしっかり叩いて、足先を伸ばしましょう。

ポイントは、足の甲を美しく出す事て。脚の付け根をしっかりとローテートさせます。また、逆方向に膝をローテートさす事により、強い脚ができます。

踵から動かし、しっかり足先を伸ばす事を意識しましょう。



7.プチィバットマン

重心は軸脚に乗り、つま先を伸ばしながら、ポジションごと交互に素早く繰り返して行うパです。

動脚は、つま先をしっかり伸ばした状態で、脚の付け根をしっかりローテートさせてながら、膝を曲げて足首などに沿わせながら交互に動かすのがポイントです。



8.グランバットマン

軸脚に重心をのせて、細やかに動脚を行ったり来たり、離したり戻したりするパです。

高く、美しく脚を上げるポイントは、脚の付け根からしっかりとローテートさせて、膝を逆方向に回し、最後に足首を脚の付け根と同じ側にローテートするイメージです。



9.ストレッチィング

練習やバランスで行う脚のストレッチを意味します。例えば、踵を持って上にあげる。脚を後ろに伸ばす際、太ももをサポートしてリフトするなどがあります。



10.アダージェ

基本、ゆったりした音楽で、プロムナードなどを含めてバランス感覚、ダンサーの身体の線を整えながら行う練習です。

優雅に音楽に合わせ、男女で踊る踊り。

身体の関節ごとにスパイラルな動きになる様、心がける事が重要です。

背筋を強化する事でバレエ技術の上達は、著しく向上します。



11.ポアントワーク

つま先を伸ばして、つま先で立つ事。



12.ピルエット

フランス語で、『旋回』を表す。片脚でターンするパの事。

ピルエットは、軸脚と動脚を関節ごとにスパイラルに作動させるのがポイントです。



13.アレグロ

早い音楽に合わせて軽快に踊る。



3.バレエの基本ステップのコツ

バレエ上達には、ステップを習得する事が不可欠です。

バレエの基本ステップに重要な事は、脚を開いたりあげたりする時、関節をしっかりとローテートさせてゆく必要を理解する事です。

バレエ技術の進歩には、科学的にもバレエのステップを理解し、効果的なストレッチを行い、コンディショニングをしっかりと行う事が大切です。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ