ストゥニューのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

センターレッスンでよく見かけるストゥニューですが、フランス語では支える、持ちこたえるという意味があります。

正式名称はグリッサードアントルナンやストゥニューアントルナンと言いますがストゥニューと略して言われることが多いです。1番最初に学ぶ回転系のテクニックです。簡単そうに見えて意外と難しい正しいポジションを使ったストゥニューを学んでいきましょう。



1.ストゥニューをする前にデトルネを学ぶ

バレエのバーレッスンで左右続けてやる場合は、ストゥニューに似たデトルネというパを使って左側に移動します。

足が通るポジションはストゥニューと一緒なのでデトルネを先に学びましょう。

やり方は右足前の5番ポジションルルベから左回転で1番ポジションを通り、左足前の5番ポジションルルベに戻り両足5番ポジションのプリエに降ります。

この時の回転の重心は前足です。

このときの腕の使い方は、二通りあります。

1番簡単なバランスの取りやすいやり方は、5番ルルベした時に右腕をアナバンにします。

左腕はまだバーを持ったままです。

1番ポジションを通るときに左腕を離しアナバンにします。

左側を向いたときに右手でバーをつかみ、プリエした時に左腕をアラセゴンドに開ます。

もう一つの腕の使い方は、最初に右足前の5番ポジションのルルベしたときに両手をアナバンにし離します。

1番ポジションを通って左側向きなったらアラセゴンドに開ます。そしてプリエの時に左腕をアンバーにするのと同時に右手でバーを優しくつかみます。

バレエのストゥニューが上達するコツは脚の裏の筋肉をしっかりと伸ばし離れないようにすること、そしてこのデトルネで使う脚のポジションをしっかりと体に覚えさせることです。




これが1番簡単なストゥニューのコツをつかむための練習です。

デトルネは5番ポジションからルルベになり回転することを言い、ストゥニューは出した脚に体重移動し回転することをいいます。

あくまでもこれはストゥニューができるようになるためのバーでできるデトルネを使ったバレエの練習方法です。

ストゥニューが上達するには大事な基礎練習です。



2.グリッサードアントルナンのやり方とコツ

まず初めにプレパレーションです。

右回転の場合は右腕をアナバンに左腕をアラセゴンドにします。

この時左足は1番ポジション右足は前のバットマンタンデュで準備します。

そこから軸足のプリエをするのと同時に、右腕と右脚をアラセゴンドに(進行方向に)開きます。

右足をピケで立ち、左足を一瞬で左足前の5番にします。
このときの腕のポジションはアラセゴンドのままです。

進行方向に対して左足前の5番ポジションで立ち、腕はアラセゴンドの状態です。

この後にまず腕を1番ポジション(アナバン)にし、次に足は1番ポジションを通って右足前のルルベに戻ります。

次に5番ポジションに降りバトマンタンデュをし最初のプレパレーションに戻ります。

上達するコツは、強い軸足のプリエと体が長方形のしっかりとした箱のようなぶれない体での体重移動ができるようになることです。

そして左足を素早く5番ポジションに入れることです。

この時に5番が綺麗なかかと前である事も綺麗にみせるコツでもあります。

上達するにはとにかく回数をこなし、感覚をつかむことです。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ