バレエのつま先立ちが上達する練習方法

バレエといえば、真っ先に「つま先立ち」をイメージする方が多いのではないでしょうか?

実際のバレエのレッスンの中でも、「つま先立ち」の動きは何度も登場します。



1.2つの「つま先立ち」

バレエで「つま先立ち」と言った場合は、大きく分けて「ルルヴェ」と「ポワント」の2種類があります。

一見どちらも同じ「つま先で立つ動き」ですが、厳密には大きな違いがあります。

それぞれの違いをしっかり押さえて練習することが、上達への近道です。

どちらの「つま先立ち」も、練習の中では必ず、「床を押すこと」と「上体を引き上げること」を意識して行います。

この2つは相反する動作のように見えますが、実はつま先立ちだけでなく、バレエの動き全般においてどちらも必要不可欠なものです。

バレエのレッスンの中で最初に行われる「プリエ」の段階から、この2つを意識し、それによって身体を真っ直ぐに保つ感覚をつかんでいきましょう。



2.ルルヴェ

「ルルヴェ」は、柔らかいバレエシューズとトゥシューズのどちらでも行われます。

バレエシューズの場合は、一般的な「背伸び」をする時と同じように、指を折った状態にして、指の腹で床を押すようにして踵を上げます。

これは、初心者向けのレッスンの中でも練習する、バレエのレッスンの中でも基本的な動きの1つです。




シューズの中で足の指を丸めたり縮めたりせずに5本の指でしっかりと床を押して、体重が前や後に偏らないように真っ直ぐに上体を引き上げて立ちます。

トゥシューズのレッスンの中で「ルルヴェ」と言った場合は、次に紹介する「ポワント」に立つことを指す場合もあります。

その際には、バレエシューズでのルルヴェの動きを「ドゥミ・ポワント」と呼んで区別することもあります。



3.ポワント

「ポワント」は、トゥシューズを履いて、先端の平らになっている部分で立つことです。

バレエシューズでのルルヴェと同じように指を折って指の腹で床を押して立つ「つま先立ち」を、トゥシューズのレッスンでは「ドゥミ・ポワント」と呼ぶことがありますが、それに対して「フル・ポワント」と呼ばれることもあります。

トゥシューズは、大人でも子供でもある程度上達して、脚の筋力や上体の引き上げができるようになってから履けるようになります。

目安としては、大人の場合は高いルルヴェの状態でしっかり上体を引き上げ、膝も伸ばして立つことができるようになったら、挑戦してみてもいいでしょう。

子供の場合は、指導する先生の方針もありますが、日本のバレエ教室では小学校3~4年生から履き始めることが多いです。

いずれの場合も、正しくポワントで立つためには、正しいルルヴェの訓練が必須となります。

ただ「つま先立ち」をするだけなら誰でもできますが、そこから「踊り」に繋げていくために、上達のポイントを押さえた練習をしていきましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ