バレエのシェネ上達のコツ

クルクルと軽やかに回る「シェネ」は、バレエを習う人にとって憧れの技でしょう。

だけど見るとやるのは大違いなのがバレエ。

途中で目が回って力尽きてしまいます。

今回は「シェネ」上達のためのコツについてお話しましょう。



◎その1:ひとつずつ動きを把握しよう

最初は誰でも初心者なので、焦ってやるのは禁物です。

大まかな動きを把握した上で、コツをつかみ、少しずつ着実に進んでいくのがバレエ上達につながります。

なので、いきなり連続して回るのではなく、ひとつずつキチンと回れるように練習し、慣れてから連続回転の練習にいくのがお勧めです。

以下が、シェネ一回転分の動きになります。(※右方向に回る設定)

1.右足前5番ポジションで立ち、手はアンバーにしてスタンバイする。(※慣れない内はここから始めるのがお勧め)

2.左足をプリエにしながら右足を前タンジュで前にだし、右手をアンナバン、左手をアラセゴンにすると同時に「進行方向」である真横右側の1点をしっかりと見つめる。

(※わかりやすくするために、壁にかかっている『絵』を目印にしているという設定にしましょう 慣れない内はそういった『物体』を目印にすると目線が定まりやすく、目が回らずにすみます)

3.上半身の重心を真上に引き上げながら、前に伸ばした「右手」と「右足」を同時に真横に開き、2番ポジションのルルベアップにする。(※この時点で両手がアラセゴンになっている)

因みに目線は①のまま『絵』を見つめている。




4.身体の中心軸がずれないように気を付け、「右足」を軸足にして「左足」を1番ポジションのルルべの位置に引き寄せながら身体全体を「右方向へ半回転」させる。

同時進行で、1~2の間アラセゴンにしていた「左手」を「右手」に近づけてアンナバンにする。

身体の向きが変わっても、目線は相変わらず同じ『絵』を見つめている。

5.身体の中心軸がぶれないように気を付け、今度は「左足」を軸に身体全体を「右方向へ半回転」させながら「右足」を前方向にタンジュさせ、同時に「左足」をプリエさせて床に着地する。

同時に「右手」はアンナバン、「左手」はアラセゴンにさせ、①の形になる。

 やはり目線は『絵』を見つめ続ける。

・・・以上になります。



◎その2:「シェネ」は「半回転」の繰り返し

上記の①~⑤までの動きをよく見ると、よくわかることがあります。

それは、「ひたすら進行方向にある一点を見つめ続けながら、半回転ずつ回ること」。

そうすることによって余計な力が入らず、また、目も回らないで回転することができるのです。

因みに連続で回転し続ける、難しいバージョンの「シェネ」は、

「進行方向にある一点を見つめ続けながら」、「半回転」を繰り返し続けるということなのです。

このコツをよく理解すれば、シェネ上達と習得の日も近づいてきますよ。

では、一回転ずつじっくりと練習してみましょう。バレエは1日にしてならず、です。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ