バレエのピケターンが上達する練習方法

バレエ用語「ピケターン」の「ピケ」はフランス語で「突き刺す」という意味を持ち、その名の通り床に軸足を「突き刺して」回転する技術のことを言います。

くるくると軽やかに回転したいのに、目が回ったり上手く立てなかったり・・・バレエ初心者には問題が山積みです。

では、解明してみましょう。



◎その1:決して「回ろう」としない

「ピケターン」をやる重大なコツがあります。

それは、決して「回ろう」としないこと。

回転する動きなのに何故「回ろう」としてはいけないの?・・・そう思うでしょう。

ですが、とかく「回ろう」とすると変に腕を使ったりして力が入りすぎてしまいがち。

加速がつきすぎて倒れてしまうのです。

また、「ピケターン」のみならず、「シェネ」や「ピルエット」などの「回転する」バレエ技術でも、「回ろう」と力まないことが上達への要です。

ではどうすれば良いのか?

答えは、軸足で床を「突き刺して」まっすぐに「立つ」というイメージを持つこと。

このイメージをもって丁寧に練習することが、「ピケターン」上達につながります。



◎その2:「ピケターン」を練習してみよう

では、形を一つずつ解明しながら「ピケターン」を練習してみましょう。

1.右方向に回ると想定し、右足前の5番ポジションで立ち、両手はアンバーにする。




2.左足をプリエしながら右足を前に向かってタンジュする。(※同時進行で、右手をアンナバン、左手をアラセゴンにする)

3.右足を正面から見て90度真横にロンデして開き、同時に右手もアラセゴンに開く。

4.右足の爪先で床を「突き刺す」ようにルルべで「立ち」、同時に左足をパッセにする。(※左足パッセの爪先は右足の膝裏に触れさせる)

両手はパッセで立った瞬間にアンナバンにする・・・結果的に身体全体の引き上げの力と両手でとるバランスの力で「回転できる」。

5.一回転したらパッセした左足を軸足となった右足の後ろにおろし、床にアテールしながら再び②のポジションにする。(※以後、これらの繰り返しになる)

以上のように、1回転するために①から⑤までの工程が必要になります。

それと、あともうひとつだけ重要なことが・・・

それは、②から⑤の間、進行方向をずっと見続けること。(※自分の目線の延長線上が望ましいです 慣れない内は壁にかかっている時計や絵など、分かりやすい目印にむかって回ると良いです)

そうすると、目が回らず綺麗なピケターンになりますよ。

如何でしょうか。

「進行方向を見続けながら」「軸足を床に突き刺してパッセで立つ」ことが、「ピケターン」上達の鍵になるのです。

頑張って練習してみて下さいね。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ