バレエでピルエットを上手に回るための練習方法

皆さんはピルエットが得意ですか?

バレエを続けていくうえで、ピルエットが上手に回れたら・・そう思い練習を積んでいる人も多いと思います。

美しいピルエットを回るための練習は、どのようにしたらいいでしょうか。



1.基本原則を思い出そう

バレエを踊りたい。ピルエットを回りたい。ダブル、トリプル・・練習しても、なかなかできるようにならない。

そんな時はまず基本に立ち返ることをお勧めします。

先生から注意されること、そしてバレエとはどんなもので、練習に何をすればよくて、どんなピルエットがしたいのか、考えてみます。

上達にはやはり、基本的なことが必要です。



1.パッセで立っていられること

あなたはプレパレーションからパッセに立っていられる時間はどれくらいありますか?

パッセといっても、膝が曲がっていたり、脇が落ちていたり、上げた足が低かったり・・ルルベが低かったり。

形として、バレエから離れたものではいけません。

バーのとき整えたような、丁寧なパッセバランスにプレパレーションから一気に立つことができるでしょうか?

それが難しいのであればまずはそこから練習することが必要です。



2.顔を使えること

ピルエットは「顔で回る」ということもできます。

それくらい、顔のタイミングはとても重要なんです。

パッセで立てるようになってきたら、4分の1ずつ顔の付け方を練習します。




右のピルエット・アンディオールの場合、アンファスで踏み切り、3の方向に立ち上がります。

その際、顔はアンファスのまま、肩から下だけ3の方向でパッセの形になるように、練習していきます。

肩とあごのラインが整っていることを確認してください。

4分の1で立てるようになったら半回転します。

その時、4分の1を過ぎたあたりで顔を真後ろに整えます。

肩があごのラインを追い越したところ、です。

体が最初に5の方向に来てから、顔を体に対して正面に来るように練習していきます。

半回転でも立っていられるようになったら、今度は一回転できるようにします。

回転数が増えるほど、パッセの形が崩れてきますので、丁寧なパッセの形から崩れていないか確認しながら練習します。



3.バレエの美しさと、ピルエットの回数を両立する練習

回転数を増やすだけならば、実はそんなに難しいものではありません。

ですが、美しいピルエットでないとバレエではないし、練習はそのためにあります。

基礎から離れた3回転よりも、基礎に忠実な美しい1回転の方が、難しいのです。

例えば、1回転半までは美しいパッセをキープできるのならば、もう、すぐそこにそれ以上の回転があります。

あとは、顔のタイミングだけで、振り向くタイミングで止まってしまった体を追い越しますので、その顔に体が付いてきます。

いずれにしても、パッセの形と、顔のタイミングが重要です。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ