バレエのピルエットが上達する練習方法

バレエ初心者において、なかなか本領を発揮できないでくすぶっているのは、表現力です。

バレエの魅力は身体能力の極限だけでなく、パフォーマンスを行うダンスです。

心して、バレエダンサーとして取り組んで下さいませ。バレエの上達には、情緒を雰囲気として観客に与える知的な解釈が必要となります。

バレエは、美しいだけではなく、肉体的にも、精神的にも自分と向き合わなければいけません。

虚像や、見栄とは逆に、作品や、雰囲気を操れる様に、しっかりと練習しましょう。

チャーミングなダンサー、パーフェクトなダンサー、エキセントリックなダンサー、溜息が出るダンサーなど個々の魅力を引き出してこそ、魅せるパフォーマーです。

レッスンでは、美しく他を魅力する自信を身につけましょう。



1.ピルエットのやり方

バレエでは、片脚での旋回をピルエットと呼びます。フランス語で、ピルエットはつま先での回転を指し、バレリーナの様な回転を意味します。




是非、バレエの基礎的なターンを身につけましょう。



2.片脚で立つ準備

ピルエットはバレエの基礎です。バレエ上達に向けて、しっかりと基礎を身につけましょう。

4番ポジションから、重心をイーブンに両脚の間におきましょう。



1.腕

手をアラセゴンドにします。重心を移動してターンする直前に、回転する側の手を開きます。



2.ピルエットの軸脚

ピルエットは基本的なターンですが、中級の難易度があります。しっかりとしたパッセで立ちましょう。



3.ターン

バレエが上達して、慣れてくるとピルエットは正確にできる様になります。



3.ピルエットの練習

ピルエットは、2・3回転を行う事もあります。回転して、身体が戻ってくると直ぐに顔が正面を向くイメージでず。

上から引っ張られる様に、真っ直ぐに軸脚にのれる、美しいターンを身につけましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ