ランベルセのやり方とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエダンサーにとってターンは、技量や裁量と個性がでてきます。技術を上達させ、可動域を伸ばしながら、舞踊としての芸術表現を意識しましょう。

美しいバレエのターンには、首や背筋の強化と、腰と背中を使い、重心を上手く軸脚にのせる必要があります。

バレエ上達の一歩は、ポーズやステップを覚え、ターンを出来る身体を作ってゆきましょう。



1.ランベルセとは

フランス語でランベルセは逆さまを意味します。バレエでもフィギュアスケートで見られる、正式な回転の後、逆さまに回るランベルセがよく使われます。

大変、ロマンチックであり、詩的な表現、感情が沸き上がる様に、観客に強い印象があります。バレエの逆に動く事は、秩序とは違う、人間深さや情緒に響くから不思議です。素敵なランベルセのターンを体得しましょう。



2.ランベルセのコツ

正しいターンも、逆でも、肩を開き、腕を高く上げたまま、つま先を下げない事で、スパイラルの回転しやすい状況が生まれます。



1.重量と逆に力を加える

スパイラルを起こす運動は、直線より大きな力が生まれます。

アラベスクは、背中を反り、脚と手でスパイラルを作るイメージを描いてみましょう。



2.ターンの脚の動き

上げた脚を回転する際、身体に巻きつく様に、身体に近づけて上に向けてみましょう。

脚を外に流したり、下に向けては回転力を失います。

しかし、ランベルセは逆回転となり、腰のローテートと上半身を鍛えなければいけません。






3.肩と腕と背中

バレエのターンは骨をスパイラルに回転さす事で、ポーズができます。肩をローテートしたら、肘を逆にローテートさせ、手首は逆にローテートさすイメージです。
腰のローテーション、背骨、肩、肘、手首を大きく使いましょう。

ランベルセは、脚の付け根を上手くローテートさせ、上につながる骨と上手く連動させましょう。

足首もローテーションが働く骨です。ポーズのどのタイミングで骨のローテーションを行なうのか考えてゆくと、綺麗な回転が行えるはずです。



3.ランベルセのポイントチェック

逆に回転するランベルセを行なう時、膝をローテートさせ、腰から背中を使い、肩を保ちながらしっかり開きます。

最後に、手首を上手くローテートさせる事で、完全に回りきれます。

骨の仕組みを上手く知り、効率よく角度を見極める事で自然と美しいターンが生まれてきます。

バレエを人体を上手く使い、美しさを追求して進化してきた舞踊です。

バレエは古典やモダンに関わらず、アクロバティックな動きも伴いますが、そもそもバレエはバロックダンスの流れを生み、言葉ではない芸術として発展し、ひとの情緒や経験、また願望に働きかけます。

歴史の流れをイメージしても、巻き戻す。ランベルセはシンプルでありながら、挑戦的な躍動感があります。

正しいターンも、逆さのターンも、バレエの技術が上達しなければ困難です。

きっちりと、ゆっくりでもターン出来る身体作りを心がけましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ