回転の種類 | バレエが上達する練習方法

バレエ上達に欠かせないパですが、ターンは脚だけでなく、身体を全体を上手く使わなければいけません。

ターンは重心のシフトで、意外にすんなりと回れる様になります。

長い脚を保ちながら、腕と首、身体を長く見せる事により、バレエ独特のターンが完成します。

今回は、ターンを上手くできる様に、回転の種類・基本が上達するポイントをご紹介いたします。



1.回転の練習

回転が上手くなるには、ターンのコツをつかむ事が大切です。

回転は練習する事で、何度も連続したターンが可能になります。



2.移動しない回転の種類

回転は、片脚でバレエの美しい脚をみせる回転があります。基本、連続回転が可能なターンが当てはまります。

ステージの上であまり動かないで、その場で回転する様は、観客の視線を奪います。

顔のつけ方の技術の向上、首の可動域を鍛え事により、難しいターンが可能になってゆきます。



1.ピルエット

ルティレ、いわゆる軸脚に、動脚の足先をつけて回転するのがピルエットです。

片脚をアン・レールにして、つま先を軸脚の膝につけてターンします。



2.グランピルエット

グランはフランス語で大きいを表します。基本、足先を軸脚から離し、デガジュやアチチュードで回転をおこないます。

脚の付け根と膝、足首を上手くローテートさせて、高い回転ができる様になるまで、しっかり練習を繰り返しましょう。



.フェッテ・ロン・ドゥ・ジャンプ・アン・トゥールナン

大変難易度の高い回転です。軸脚に動脚をつけたり離したり、腕も勢いよく開いたりして、スパイラルを上に捻じ上げる様に、高い位置のまま連続してターンを行うのが一般的です。






3.移動の為回転の種類

回転の種類の中で、移動する場合、コツがあります。

背中をしっかりと保ち、重心をシフトする瞬間、肩を後ろにローテートさせてからまた、逆方向に回して、ポーズを保つとブレにくく、正しく進行方向に進めます。



1.ピケ・ターン

軸脚で立った瞬間ルティレ・動脚の足先をつけて回転をし、動脚プリエは、前に出て進んで行い、繰り返す。



2.シェネ

腕と脚を1番ポジション、ルルベから連続して回転する早く移動する回転です。

コツは進行方向に脚を一歩向け、準備では手を一旦広げてから、胸前で小さめの楕円を作ります。

肩の位置を崩さない事で、背中を支えます。

重心移動のタイミングを掴んで、高い身体を保ち回転しましょう。



.移動するアン・トゥールナンのコツ

大きな移動を伴いう回転は進行方向の脚を反対側より少し開き、脚の付け根を進行方向に合わせてローテートさせて、膝の開きを正しく使い、勢いをつけます。

イメージは、ロープをツイストしてから自然に緩ませて、スパイラルの動作を確認して下さい。また、少し揺らすと、スパイラルは変化しますので、参考にして回転の練習をしましょう。



4.回転が上手くなる練習には顔をつける

回転は種類がありますが、顔も最終的には正面・観客を向きます。

顔を正面に戻す時、笑顔やタフで優雅なバレリーナの様に、顔に表情もつけてゆきましょう。

回転の速度があがると、軸脚がブレやすくなります。

回転が上手くできる様になるまで、地道に練習しましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ