ターンの基本とコツ | バレエが上達する練習方法

バレエにおいて、アレグロは魅了的です。バレエ初心者が上達してくると、跳躍が増えてきます。

また、回転が増えてくると、途端に柔軟性が必要になってきます。バレエ上達に伴い、背筋が鍛えられます。

バレエのターンには、脚や腕の力もさる事ながら、背筋力が必要です。ターンのコツをいち早く覚えてゆきましょう。

バレエのパ、アームス、正確な重心の移動を身につけながら、ターンの実力向上を目指しましょう。



1.ターンの役割

バレエ初心者は、回転しながら移動するだけで息も上がります。しかし、ターンは観客を惹きつけ、美しく脚や腕、首を使って躍動的に作品やバリエーションを盛り上げて行かなければいけません。

広い舞台では、大きく移動するのも大変です。バレエでは走りながら移動するより、回転を繰り返し、腕を大きく動かすだけで、遠心力でも大きな移動が可能になります。

バレエスタジオでも、端から端まで素早く動けるターンのポイントを掴んでゆきましょう。



2.ターンの注意

アレグロの動きは大変美しくしいのですが、遠心力に負けない強い首と腰、つま先で上手に床を押さなければ進めません。




回転する方向に首を瞬時に回すコツを、早く覚え下さい。

タイミング次第で、ターンは何回も続けて行える様になります。

頭の回転は遅くても早くてもターンは完成しません。また、下手に回転をする時三半規管が揺すぶられ、ふらふらと進行方向にさえ移動しきれなくなります。

首の回転は、ターンにおいても大切なポイントです。



1.首を回転さすタイミング

どんなターンでも、首を身体より先に回しては、ターンは完成しません。



2.腰と背中を上手く使う

軸脚に重心をのせて、腕の力を利用しなかまら、背中を少し傾けて身体を進行方向へ進めます。 重心にのって、腰を保つと自然と1ターンは完結いたします。

バレエ上達には、腕と身体のバランスをたもちながら、頭の先から指先まで、しっかりと意識し、人間の骨仕組みを考えると、動かすタイミングと角度が自然と身につきます。

素敵なターンが出来るまで、練習を続けましょう。ターンの基本的ポーズをしっかりと身につけゆきましょう。

ターンには基本と、ちょっとしたコツがあり、バレエ技術向上にもつながります。

勢いだけでなく、骨をローテートしてスパイラルの動きを生み、ターンの力を出してゆきましょう。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ