バレエのターンで重要な顔の付け方

バレエのレッスン、ターンの時に「顔をつけて!」と言われることが多いですよね。

顔をつけるとはどういうことなのか、今一度おさらいしてみます。



1.バレエのターンは顔で回る

よく、回転は顔で回る、と言いますが、本当にその通りで、バレエのターンは顔をつけることができれば回転数は上がっていきます。

男性ダンサーを見ていると、最後の一回転は体は裏で終わっても顔を正面に戻すことで綺麗に止まっている場面が多いですよね。

上体が崩れてしまう場合などは特に、顔のタイミングや頭の位置で失敗してしまっている人が多いです。

そうはいっても、なかなか正しいタイミングや頭の位置を癖にしていくのは難しく、骨が折れるものですよね。

それでも数を練習しない限りは上達できませんので、どのように練習すればよいのかを考えていきます。



2.重要なのは肩の位置

ピルエット、ピケターン、ストゥニュ・アントゥールナン、シェネ、フェッテ、アチチュードターン・・

バレエのターンには様々なものがありますが、いずれにしても顔の付き方は同じと考えます。

たとえそれが、イタリアンフェッテでもです。

当たり前のことですが、不自然な頭の位置になることは正しくありません。

バレエの顔の付け方は、普通のスポーツや日常生活では使いませんからそういう意味では不自然かもしれませんが、人間の首の回る位置からは当然外れませんし、バレエのメソッドの中で不自然でない位置に常にあることがターンの上達の道になります。




そこで重要なのは肩と顔の関係です。

バレエの基本はスクエアボディですよね。

スクエアボディを崩すような位置に顔は行きません。

回転時、スクエアを保った状態の肩の位置が、顔より前に行くことはありませんから、そこが顔の可動域の限界ということになります。

両肩の上に、頭が乗っている状態で、頭は無理のある位置にいることはありません。

右側に回転する場合、左の肩よりも顔の向きが後ろに行くことがないのです。

その後、右の肩が正面の時に顔が戻っている状態にした後、体も正面に向けます。



3.ゆっくり、わかりやすく

まずは両足で回るターンからバレエの顔のコツを覚えていくといいと思います。

ストゥニューアントゥールナン、シェネなどですね。

左肩、右肩、左肩、右肩、と顔をスムーズに動かすのに両足の方がふらつきもありませんし、ゆっくり練習できます。

その時の顔のイメージは、右回りの時は左肩左向き、右向き、左肩、の順番です。

顔が傾いたり、無理な方向に行っていないか、確認しながら回転の速度を上げていきます。

ピルエットやピケターンなど、片足の回転でも基本的にはバレエのターンは同じですから、顔のタイミングを身に着けていくにはまずは両足のターンから練習するのが上達の第一歩です。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ