バレエのバリエーションってどんな意味?

バレエ上達には、日々の練習と研究が必要です。バーレッスンが身体に馴染んでくると、センターレッスンが始まります。

ターンや回転、ステップが続く場合は、一人ずつ踊る事になります。ロマンチックなバレエも、モダンなバレエも素敵なのが、バリエーションです。上達してくると、バリエーションをたくさん覚えなければいけません。

たくさんの中で踊る群舞とは違い、一人ずつ踊る時は、もっと個性が発揮できるはずです。音楽を聴いて、ステップやポーズを使って気持ちを表すならと、想像力を膨らまして下さいませ。



1.バリエーションの意味

バリエーションは、バレエの見せ場です。舞台の真ん中で、一人で踊る事をバリエーションと呼びます。

また、ステップやジャンプの順番もバリエーションと呼ばれています。

是非、バリエーションを覚えて、雰囲気も考えながら踊ってみて下さい。



2.有名なバリエーション

白鳥の湖やドンキホーテは、大変人気のある演目ですが、幕毎のバリエーションは、コーンクルなどで課題として取り上げて実施されます。




また、数幕のみ行われる事もあります。しっかり覚えて、舞台の真ん中で、思う存分に、演じて下さい。

物語は、全幕通して見るのも楽しいですが、時間も必要としますし、観る費用も高くなるのが現実です。

ジャンプは、たくさんの見せ場であり、観客脚をしっかりと披露し、腕に顔をつける事で見え方が違ってくる事を理解し、動作を行いましょう。



3.バリエーションの魅力

初心者にとっては、群舞も素晴らしい経験ですが、ソロは最高の機会のはずです。バレエの上達と共に、難易度も上がります。

バリエーションは覚えれば、独創性も創造性も表現できます。逆に群舞は周りと合わせながら、音楽通りに音を外さない工夫と、周りの動きを見なければいけません。

バリエーションは、長くなると大変ですが、呼吸を正し、常に柔らかく、しなやかな動きを心がけましょう。バレエの上達に欠かせな、表現力と、バリエーションの解釈を意識して行う様にしてみて下さいませ。







バレエが驚くほど上達する練習教材

バレエが驚くほど上達する練習教材

✓大人になってバレエを始めたけれど中々上達しない
✓バレエを習いたいけれど時間やお金に余裕がない
✓バレエの表現力をもっとアップしたい
✓舞台で実力を発揮するコツを知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレエが驚くほど上達する練習教材」です。

バレエが驚くほど上達する練習教材は、 プロのバレエダンサーが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレエが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレエが上達する練習教材を紹介します。


  • もっとバレエが上達したい人に!
    橘るみのバレエ上達練習法



    バレエ上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは バレエ初心者から中級者へ、そして中級者から上級者に ステップアップするための上達プログラムです!

    東京シティ・バレエ団のプリンシパル「橘るみ」氏がついに明かすバレエ上達の極意が詰まっています!

    今よりもっとバレエが上手くなりたい人には絶対おすすめのプログラムです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ